職業にするためには?

| 未分類 |

赤かぶ01法廷画家とはテレビや新聞の裁判のニュースで、法廷の様子を伝えるために絵を描いている人達をいいます。この絵を「法廷画」と言います。

なぜこの法廷画を使うかというと、現在日本では法廷内でのカメラの制限が厳しく、公判の様子などは傍聴した人にしか分かりません。

この傍聴するにも人数の制限があり、人気がある公判は抽選となり、当たった人にしかみる事ができません。よってこの法廷画を使って被告人の様子などを伝えます。

この法廷画家になるには特別な資格などはいりません。

法廷画家とはテレビ局や新聞社に雇われたイラストレーターなどが描いているので、資格などはないのです。

では、これを職業にするためにはどうしたら良いのかというと、テレビ局から依頼がないと職業にすることができません。

これは実際にテレビ局で働いている人や描いていた絵がテレビ局の人の目にとまってというものが多いようです。

よって、仕事をもらえる法廷画家になるのは運も大きいような気がします。

一回の仕事で描くスケッチは10枚程度、その後選ばれた数枚を着色して1枚の法廷画として仕上げてゆくようです。

公判からニュースになるまでの時間は短く、時間との勝負という面もあるようです。