法廷画を描く法廷画家が裁判所で気をつけなくてはいけないことは、一般の傍聴者と同じく、法廷内の規則を守るのはもちろん前提です。

実際に、法廷内で被告の観察をした上で、裁判の空気、検察の状態、弁護士の雰囲気などをスケッチしていかなければならないので、ゆったりと構えては居られないと言うのが現状です。

ラフに被告の姿、顔つき、視線などをとらえて、スケッチして行くように注意点を気にかけておかなければなりません。

ラフにスケッチが一枚終わったら、次のページに描き進んでいくようにするのも注意点です。

実際に、複数枚のスケッチの中から、より被告の雰囲気を出しているスケッチが、法廷画として仕上げていくものになるので、スケッチもいくつかの構図で手早くまとめられるスキルが必要とされます。

仕上げて行くにためには、裁判所から持ち帰った後に、どんな着色にするかも素早くメモをしておくなどの工夫も必要です。

実際に厳粛な雰囲気の中で、淡々と描いていく法廷画家には、その場に置いて一番リアルに伝えられるスケッチをいかにして仕上げて持ち帰るかが、その法廷画の良し悪しにかかっているので、注意点を意識しながら粛々と進めるようにしている画家がほとんどだと言えます。