裁判所で行われる裁判では、写真や録音は禁止されています。

そのために、いかに世間の関心がある事件の裁判の様子を画像として伝えられるかと言う手段として、法廷画が採用されています。

写真撮影や録画撮影が出来ないために、その法廷画を描くことが出来る技術を持っているイラストレーターや漫画家をテレビ局や新聞社などのメディアが雇うことで、描いてもらいます。

世間が注目をしている事件であれば、人々はその法廷の模様や被告人の態度を知りたくなるものいちごです。

ですから、写真の代わりにイラストレーターなど法廷画家と呼ばれる人たちは、法廷内でその印象を端的に伝えられるようにスケッチを行うのです。

法廷内ではラフにスケッチをして、その後、持ち帰ったスケッチの中から良い構図のものを色塗りをして、メディアに納品することで仕事が完了します。

メディアは、出来るだけ早く裁判のニュースを伝えるために、記者の記事と合わせて目で見て分かる法廷画をニュースと同時に流すようにします。

それほどに、視聴率にも大きく左右するものだからです。

それだけ、注目度も上がり法廷画があれば被告の表情を視聴者も感じ取ることが出来るから、メディアでは画像や映像で報道できない部分を絵で伝えるようにしています。