1枚の絵ができるまで

| 未分類 |

法廷画が完成するまでには、テレビ局のスタッフと事前に法廷が始まる前に会って打ち合わせをすることから始まります。

裁判所のロビーで、法廷画家とその場で打ち合わせを行います。

この時に、被告人が逮捕された時の状況を詳細に伝えることもあります。野菜05

ですので、その事件の被害者家族も立ち会う遺族側を意識して欲しいと言った希望を伝えたりもします。

事件の真相に出来るだけ迫るためにも、論戦がいかなる展開になるかの裁判の進み具合もポイントになるからです。

また、事件によっては弁護側と検察側の熾烈な論戦が注目されているので、描き方もどのような構図が欲しいかも、テレビ局のスタッフの希望にふさわしく描くためにも、法廷画家は構図を意識して描く構想を練る必要があります。

その他、証人の入廷により被告人の表情の変化を緻密に描いて欲しいと言うような事件に応じた打ち合わせをしっかりと行います。

打ち合わせでは、テレビ局のスタッフから概ねこの事件で何枚程度のスケッチをして欲しいかという希望も伝えられます。

法廷画家は、そのようなニーズに合った描き方をするために事件の背景を前もって調べられるだけの情報を入手しておく必要もありますし、法廷内で短時間の中で被告人の振る舞い、顔つきをしっかりスケッチする技量が必須です。