どんな仕事?

| 未分類 |

法廷画家と言う仕事は、馴染みの薄いものかもしれませんが、実際に、テレビのニュースや新聞では、被告人の裁判の様子として似顔絵が描かれていると言えば、思い当たる方がほとんどでしょう。

その似顔絵を法廷内で描くのが、法廷画家の仕事なのです。フルーツ01

実際に、裁判所内では写真撮影や映像の撮影が不可能です。

しかし、世間的に注目度の高い事件や凶悪事件については、より国民も注目をしているので、画像化することで被告人が裁判の間にどのような態度、表情をしているかも想像しやすくなる訳です。

写真として撮影して報道できない規則があるので、法廷画がとても役立っているわけです。

実際には、キャリアを積んだイラストレーターや漫画家がこの仕事を行いますが、法廷内では限られた時間ですので、スケッチ程度でまとめます。

その後、良いスケッチを選択して色を塗るなどのプロセスを経て、法廷画が完成します。

デジタル化して色塗りをすることも多いので、納品をするにも、メール添付で依頼者に送ることが可能です。

より速く確実にイメージしやすい法廷画を描ける方は、引く手あまたとなっています。

どれだけ法廷画で被告人の様子を伝えられるかと言う技量を持っているかが、仕事を左右するほどです。