裁判以外では何をしている?

| 未分類 |

法廷画が出来るまでには、実際に裁判所で描くだけではないプロセスがあります。

事前に、テレビ局から依頼を受けたイラストレーターや漫画家は、その事件の概要を知るために出来る限りの情報収集をします。

実際に裁判所内では、被告人の挙動や裁判長の様子、法廷内の雰囲気、検察の態度、弁護人の態度などを出来るだけ表情が客観的に分かるようにラフに描くだけと言うやり方をしています。

その後、裁判が終わったら描いた法廷画に色を塗るなどしてよりリアルになるように、漫画家やイラストレーターは、完成を目指します。

今では、色を塗るにもデジタル化させてから塗って行くと言う方法も増えて来ています。

これも、数ある法廷内でのスケッチから、選んだものを完成させて行くようにしています。

テレビ局に納品をするにも、デジタル化をしているので瞬時にメール添付と言う形で送ることが出来ます。

実際に、より早くテレビ局は入手してニュースの中で、法廷画を使う目的を持っているので、それだけの技量を持っている法廷画家を雇うようにしています。

実際に、裁判での法廷画の依頼を受けていても、毎日立て続けにある依頼ではないため、その他にも、イラストレーターや漫画家の仕事をしている方がほとんどです。